スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

自家製しめさばの日持ちはどれほど?酢を使った正しい保存法 

さばが安かったり大量に手に入ったときどのようにして食べますか?

さばは「さばの生き腐れ」と言われるほど痛みやすい魚ですよね。

長期間の保存はなかなか難しいです。


しかし、酢に漬けてしめさばにすることで日持ちさせることが可能です。


しめさばは、塩で水分を抜いた鯖を酢につけて保存するという方法です。

また、酢でしめたさばは袋で密封して冷凍庫で保存することで

長期間日持ちします。


また、生きた状態の鯖の場合は、えらとしっぽ部分を切り落として

海水に入れ血抜きをする事でさらに、日持ちさせることが可能となります。

しかし、生の状態であることに変わりはないので、早めに食べるようにしましょう。


さばは旬の時期があるため、旬の時期に安くておいしいさばを手に入れたら

是非ためしてみたいですね。


また、スーパーなどで売られているさばを買う際は

死後硬直してすぐの身が硬いものを選びましょう!


それでも、さばいている際に身が割れるようなことがあれば、

それは、鮮度が落ちている証拠です。


そんな時は、生で食べようとはせずに、加熱調理してから食べてくださいね。
カテゴリ : 安全なしめ鯖
2010-08-10(Tue) | トラックバック : 0 | コメント : 0

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。