スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

【冷凍鯖】料理レシピ豊富なしめ鯖もいいけど、サメ!? 

鯖を使った料理レシピってたくさんありますね。

やはり季節、年代を問わず人気なのはしめ鯖です。

冷凍鯖・しめ鯖なら保存にも便利です。


鯖は北に行くほど、脂肪率が高いことをご存じですか?

順位としては、北海道沖→八戸沖→三陸沖→常磐沖→銚子沖→伊豆沖

となります。


しかし、水揚げ量としては、

銚子漁港→石巻漁港→焼津漁港→博多漁港→境漁港という順番になります。

脂肪率の高い、北海道、八戸、三陸は全く順位に入っていませんね。

やはり脂肪の多いさばは少なく、貴重なのです。



また、第1位の銚子漁港については、サバの他に

イワシも水揚げ量第1位になります。

他にはアジ類、サンマ、マグロ、サメ、メヌケも多く水揚げされます。


サメを食べるの!?と思うかもしれませんが、サメは意外とおいしいのです。


実は、サメは危険な生物というイメージが定着していますが、

人に危害を加えるおそれのある種は20~30程度とされていて、

サメ類全体の1割ほどなのです。


しめさばもいいけど、ぜひサメも食べてみたいですよね。
スポンサーサイト
カテゴリ : しめ鯖豆知識
2010-08-26(Thu) | トラックバック : 0 | コメント : 0

金沢、京都、若狭・・・でもやっぱりしめ鯖は八戸! 

しめ鯖と言えば、西の方では金沢、京都、若狭が有名ですが、

青森のしめ鯖を食べたことがありますか??

実は青森県八戸市はしめ鯖の生産量が日本一なのです。

年間約5千トン、販売額は約40億円で、

全国の生産量の約9割を占めると言われています。


県ふるさと食品研究センター(八戸市)が

同市の主力水産加工品「しめさば」の生産企業を後押しする

「八戸しめさばブラッシュアップ推進事業」を展開しています。


これは、八戸港に水揚げされたさばの成分情報を企業に提供したり、

工程や、開発などのデータ面を支援するものです。


八戸近海で漁獲されたサバの脂肪量、重量などを、

魚体別に分類して水揚げ日ごとに分析し、その情報を提携先企業に

インターネットで提供します。

現在では、八戸市内の30社余りが情報配信を受けているのです。


この、県ふるさと食品研究センターでは他にも

「ホタテガイ凍結粉砕肉のゲル化特性」や、「新形質米の利用加工試験」

など、様々な研究を行っています。


興味のある方はぜひ、ホームページ等をご覧になってみてくださいね。
カテゴリ : しめ鯖豆知識
2010-08-25(Wed) | トラックバック : 0 | コメント : 0

ためしてガッテンで紹介、0.1gまで塩を調整 

NHKで「ためしてがってん」という番組が放送されています。

ためしてガッテンとカタカナ表記だったかもしれません。

ある日のためしてがってんで、さばの特集がされていて、

旬の美味しいさばを発見しようという内容でした。


しめさば作りが盛んな京都において

評判のしめさば名人にその作り方を教えてもらう特集があり、

名人はしめさば作りで重要となる塩の量を0.1g単位で調整していました。


0.1g単位を自在に操れる名人・・・すごいですよね。

0.1gなんて目に見えるか見えないか際どい所ですよ。


0.1gとはどれほどなのでしょうか。

大体塩小さじ1杯で、6gになります。

0.1gということは、小さじの60分の1ということになります。

もう、塩1粒じゃないの?と思ってしまうくらいですね。

なかなか普段塩を0.1g単位で使用することはありません。


本当においしいしめさばは、塩0.1gまで調節されて

作られているんですね。
カテゴリ : しめ鯖豆知識
2010-08-24(Tue) | トラックバック : 0 | コメント : 0
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。