スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

脂がたっぷりの、5Lサイズのしめさばとは? 

日本で広く親しまれているサバですがいつ頃が旬かご存じですか?

サンマの旬は秋というのは常識ですが、

サバの旬ってあまり知られていませんね?

私が知らなかっただけでしょうか?


代表的なサバの種類としては、「マサバ」、「ゴマサバ」、「ニシマサバ」

があります。日本で多く水揚げされるのは「マサバ」になります。

そしてこのマサバの旬は大体10月~12月頃と言われています。

この時期の脂の乗った味の良いサバを「秋サバ」と呼ぶそうです。

秋サバというのは何となく聞いたことがありますね。

サンマと同様、サバも秋が旬のようです☆やはり「食欲の秋」と言うくらい

ですから生き物達にほどよく脂が乗り、おいしくなる時期なんでしょうね。

そしてその結果人間にも脂が乗る…という結果になるのでしょう。


そして代表的な鯖料理と言えば…やっぱりしめ鯖ですね。


これでもかってくらい脂の乗った極上しめ鯖を食したことがありますか?


通常しめ鯖は120g~150gのものがほとんどですが、230gもある

しめ鯖が存在するのです。このサイズの鯖は通常5Lサイズと呼ばれ、

脂の乗りもピカイチです。


そんなしめ鯖、1度は食べてみたいですね。
スポンサーサイト

五島列島、石巻市全国で食べられるしめさば効果 

長崎県の五島列島や宮城県の石巻市、しめさばは日本全国で

食べられています。


しめさばを食べる上で深く考えたことなどないと思いますが、

酢と鯖というのはすごく相性が良いのです。



しめさばに含まれる、ナイアシンと酢に含まれるクエン酸は

乳酸を分解する作用があります。


乳酸と聞くと体に良い成分なのでは、と思うかもしれません。

例えば、最近ではヨーグルトに乳酸菌が含まれたりしていますね。

乳酸菌は腸の中の悪玉菌を弱らせる作用がありますが、

それは腸内のみであって、腸以外では乳酸は何の効能もありません。

それどころか、乳酸というのは運動をすることにより筋肉に

蓄積され、その蓄積が体の疲労を引き起こすと言われています。


最近では乳酸と疲労の因果関係はないと、いう話もありますが

まだまだハッキリと証明されたわけではありません。


このように、体に疲れを溜めないためには、

乳酸を分解する成分を摂ることが効果的なのです。


疲れを感じる方は、ぜひしめさばを食べて、毎日を元気に過ごしましょう。

ためしてガッテンが生み出した極上のしめ鯖を作るレシピとは? 

先日、NHKの「ためしてガッテン」で鯖が特集されていました。

そこで、気になったのがしめ鯖の作り方です。

美味しいしめ鯖はどのようにして作られるのか?

その疑問を解決するため調査をしていました。


番組では、しめ鯖作りで有名な京都でも一目置かれるしめ鯖名人の作り方を
調べていました。

一番のポイントは塩を使って水分を抜く作業でした。

名人は0.1g単位で塩を調整して鯖にふりかけていました。

しかし、このような技をみんなが出来る訳ではありませんね。

そこで、ためしてガッテンがしめ鯖のレシピを編み出しました!

それは、しめ鯖作りの水抜きの際に塩ではなく
「砂糖」を使うということです。

塩は分子が小さく水分を吸収しやすいため調節が難しいのですが、
砂糖をつかうことにより程良く水分を抜く事が出来るのです。


また、砂糖は分子が大きいため鯖に溶け出しにくく、
甘くはならないそうです。

あとは、普通にしめ鯖を作るように酢につけるだけです。

この情報を知ったからには、しめ鯖が作りたくなってきますね!

自宅でもプロが作るようなしめ鯖が作れたら最高ですね!

酢を使用したしめ鯖で健康生活☆10年後が怖いのです。 

血圧って定期的に測っていますか?
高血圧には酢を使用した、しめ鯖が効果的なのです。

低血圧・高血圧共に、危険が多い病気です。たかが血圧と侮っては
いけませんよ。


特に高血圧の場合、心臓疾患をはじめとする内臓疾患、
脳卒中の危険にも繋がります。

こうした病気にならないためには、まず日々の食生活の改善が
必要ですよね。病気というのは、食べ物からなるものです。

もちろん、寝不足や、疲労なども様々な病気の原因になりますが
その他はほぼ、食べ物ではないでしょうか。

コンビニ食ばかり食べていませんか?

今の食生活は10年後の体に現れるのですよ。


話がずれましたが、先ほどの血圧の話に戻ります。

血圧を下げる働きのある成分は、魚に含まれるDHAや
お酢に含まれるアデノシンという成分などがあります。


特に鯖には、血圧を下げる働きのあるDHAやEPAが
とても多く含まれています。

そして酢は疲労回復や風邪の予防に効果的なので、
しめ鯖はかなり健康な生活を送るために効果的な食べ物なのです。

しめさばに含まれる栄養とさばと酢が持つ驚きの相乗効果とは? 

さばといったらさば寿司、焼きさばといろいろありますが、

しめさばはより栄養価が高いというのをご存じですか?

実は、さばと酢の組み合わせが驚くべき効果を発揮するのです。


さばには、DHA・EPAをはじめ、ビタミンB2・B12・Dなどが

多く含まれています。

これらは、学習能力の向上や生活習慣病の予防になることで知られています。

しかし、しめさばとして酢と一緒に摂ることでさらに相乗効果があるのです。


その効果とは、まず、血液をサラサラにする効果があります。

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きが

どちらにも備わっています。

また中性脂肪を低下させる働きからも血液がサラサラになるんですね。


また、疲労回復や夏バテにも効果があるとされています。

人は運動をすると乳酸菌がたまりその乳酸菌が疲れの元となっています。

さばに含まれるナイアシンや酢に含まれるクエン酸には

乳酸菌を分解する働きがあります。

さらに、酢の酸味が食欲を増進させ夏バテ防止にも繋がります。


そして、二日酔いや悪酔いの原因となるアセトアルデヒドを

減らす働きもあります。

さばに含まれるナイアシンが分解し、酢に含まれる酢酸が

肝臓を活発にさせるからです。


ということは、たばこを吸う人、お酒を飲む人にはぴったりだという事が

わかりましたね。


また、疲れやすい人にも最適な食べ物です。


気になる人はぜひしめさばを食べて健康的な生活を送りましょう!

ダイエット&健康に気を使うなら魚を積極的に!しめ鯖のカロリーは? 

ダイエットのために、健康のために、
カロリーに気をつける方は多いと思います。

そのような場合は、魚を積極的に食べると良いでしょう。


魚の脂肪分は体脂肪になりにくく、
ダイエットに有効な成分も含まれています。

さっぱりとしたしめさばなら食も進みやすいのでは?


このしめさばは、青森県八戸市で獲れる鯖を使用しています。

八戸の鯖は、よく脂がのっているのでDHAやEPAが
多く含まれています。

DHAやEPAは、ダイエットに有効な成分でもあるし、
体にとても良い成分です。


そしてこのしめ鯖は、脂の乗ったマサバを厳選し、
米酢と天日塩でしめています。

なのでとてもさっぱりした味わい、その上大トロのような食感が味わえます。

でも、鯖本来の味もしっかりと生きています。

酢に漬け込む時間や塩加減を何度も調整し、
試行錯誤してベストな味わいを実現しました。

鯖の旨味と脂がじゅわっと口の中に広がります!



ちなみに、脂ののり方にもよりますが、しめ鯖のカロリーは低いとは言えません。

しかし、カロリーだけ考えると高いと思われるかもしれませんが、
上にも書いたように、鯖をはじめ魚に含まれる脂はとても体に良いのです。


美味しくて、たくさん食べてもあまり太らないし健康にも良い。
魚はいいことづくしですね。


検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。