スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

脂の乗りが断然違う大トロのようなしめ鯖 

しめ鯖をご自分で作られる方もいらっしゃるかと存じます。

最近は、テレビなどでもいろいろな〆鯖の作り方が取り上げられていますね。


しかし、獲れたての新鮮な鯖で作るのが一番美味しいですよね?

八戸前沖産のしめ鯖は、とても新鮮で美味しいのです。
まるで大トロのような極上のしめ鯖


なぜ、八戸で獲れるしめ鯖は新鮮なのでしょうか?

その秘密は、漁場と港までの距離にあります。


八戸にある鯖の漁場は、港からわずか数キロの沖合にあります。

鯖が海から揚がり、しめ鯖になるまでの時間がわずかで済むわけです。

そのため、新鮮なまま調理され、冷凍されます。


さらに、八戸の鯖は後味も良いと言われています。

そして一番の決め手は、脂が乗っていること。

たっぷりと脂を蓄えたサバが北上し、八戸沖にやってきます。

だから八戸の鯖は、脂の乗りが格別と評判です。


八戸で獲れる鯖は、新鮮で、脂も乗っていて、おまけに後味も良い。

これが美味しく食べられる秘密です。
まるで大トロのような極上のしめ鯖

スポンサーサイト
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。